楽めっと検索The
検索語句:UNIXをAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:UNIX  ç”·å­ã”はん  ãã®ä»–夏咲き  トイ..  ピカルの定理  




<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  

UNIXという考え方―その設計思想と哲学
UNIXという考え方―その設計思想と哲学 ReleaseDate:
Label:オーム社
Author:Mike Gancarz
Price:¥ 1,728    UsedPrice:¥ 1,125
   UNIX系のOSは世界で広く使われている。UNIX、Linux、FreeBSD、Solarisなど、商用、非商用を問わず最も普及したOSのひとつであろう。そしてこのOSは30年にわたって使用され続けているものでもある。なぜこれほど長い間使われてきたのか? その秘密はUNIXに込められた数々の哲学や思想が握っている。

   そもそもUNIXはMulticsという巨大なOSの開発から生まれたものだ。あまりに巨大なMulticsはその複雑さゆえに開発は遅々として進まず、その反省からケン・トンプソンが作ったのがUNIXの初めとされる。その後デニス・リッチーら多数の開発者が携わり、UNIXは発展した。本書はこのUNIXに込められた「思想と哲学」を抽出し、数々のエピソードとともにUNIXの特徴を浮き彫りにしていく。

   たとえば本書で述べられているUNIXの発想のひとつとして「過度の対話式インタフェースを避ける」というものがある。UNIXのシステムは初心者には「不親切」なつくり、つまり親切な対話式のインタフェースはほとんどなく、ユーザーがコマンドを実行しようとするときはオプションをつける形をとっている。この形式はオプションをいちいち覚えねばならず、初心者に決してやさしくない。しかしこれはプログラムを小さく単純なものにし、他のプログラムとの結合性を高くする。そして結果としてUNIXのスケーラビリティと移植性の高さを支えることになっているのだ。このような形式で本書では9つの定理と10の小定理を掲げ、UNIXが何を重視し、何を犠牲にしてきたのかを明快に解説している。

   最終章にはMS-DOSなどほかのOSの思想も紹介されている。UNIXの思想が他のOSとどう違うかをはっきり知ることになるだろう。UNIXの本質を理解するうえで、UNIX信者もUNIX初心者にとっても有用な1冊だ。(斎藤牧人)


入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界
入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界 ReleaseDate:
Label:ソフトバンククリエイティブ
Author:ブルース・ブリン
Price:¥ 3,456    UsedPrice:¥ 1,849
   Unix系OSには強力なシェルが実装されている。対話型のCUIとして、各命令を織り込んだ処理を手軽に行うことができ、テキスト処理も高度にこなすことができる。しかし使いこなすまでにはちょっと努力がいる。高度な機能を持つがゆえに覚えるべきこともまた多いからだ。

   本書はUnixのシェルを解説したものだ。汎用性を重視し、Unix系OSが必ず実装しているBシェルを題材として扱っている。入門書であるため、基礎部分の解説が充実しているのが特徴で、エスケープ文字などのシェル特有の文字の扱い方や変数の扱い方、リダイレクションによるファイル操作や環境の操作などに、3分の1ほどの紙数を割いている。

   中盤からは、sedによるフィルタの使用の解説、数値計算やfor文やwhile文などの便利な機能の解説、そしてシェルスクリプトのデバッグの手順と手法を取り扱っている。章の構成はテクニックや実用性を重視しており、シェルスクリプトでの引数処理やパラメータ引渡しといったテクニックを1つの章で解説し、またシェル関数の例とシェルスクリプトの例もそれぞれ独立した章として用意しているなど、応用部分も押さえやすくしている。 

   各章では、使用頻度の高いテクニックを多く掲載しており、それぞれきちんと段落番号で区分しているので、索引から引くことも容易だ。巻末には、付録として各Unix系OSのシェルの差異、記述法の一覧が収録されている。

   基本部分から非常に詳細に書いているので勉強に向いたつくりである。またシェルで良く使われる機能のコードが多く含まれているので、実際にシェルスクリプトを書くときに役立つのも魅力だ。ただしBシェル以外のスクリプト言語の紹介があまり多くないので、拡張性に少々乏しいかもしれない。また、本書をよく理解するには、Unixのシステムに十分習熟している必要があるだろう。Unixにある程度慣れ、シェルを学びたいと考えている方におすすめ。(斎藤牧人)


詳解UNIXプログラミング 第3版
詳解UNIXプログラミング 第3版 ReleaseDate:2014-06-05
Label:翔泳社
Author:W. Richard Stevens
Price:    UsedPrice:

UNIXと真剣に関わる人のための重厚な1冊!

UNIXシステムの標準Cライブラリが提供するシステムコールをはじめ、膨大な関数について詳細に解説し、「UNIXでプログラミングを行う者すべてが読むべき1冊。読んでないヤツはモグリだ」とまで言わしめたUNIXプログラマ必読の書籍。もちろん非プログラマにとっても、UNIXという環境や仕組みを、その“考え方”のレベルから説き起こし豊富な演習問題で理解させてくれる、名実ともに剛毅な大著です。
これまで日本語で読めたのは1992年に刊行された原書初版でしたが、本書は最新版(第3版)を翻訳したものです。訳者はその初版から携わっていた大木敦雄先生。
【注意:本書第1刷は原書のエラータサイトのうち、第7項までを取り込んでいます。】

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。



はじめてUNIXで仕事をする人が読む本
はじめてUNIXで仕事をする人が読む本 ReleaseDate:
Label:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
Author:木本雅彦
Price:¥ 1,944    UsedPrice:¥ 1,300


入門 Unix for OS X 第5版
入門 Unix for OS X 第5版 ReleaseDate:
Label:オライリージャパン
Author:Dave Taylor
Price:¥ 2,592    UsedPrice:¥ 1,557


UNIXの絵本
UNIXの絵本 ReleaseDate:
Label:翔泳社
Author:株式会社アンク
Price:¥ 1,706    UsedPrice:¥ 268


はじめてのOSコードリーディング ~UNIX V6で学ぶカーネルのしくみ (Software Design plus)
はじめてのOSコードリーディング ~UNIX V6で学ぶカーネルのしくみ (Software Design plus) ReleaseDate:2013-01-09
Label:技術評論社
Author:青柳 隆宏
Price:¥ 3,456    UsedPrice:¥ 2,942


Windows/Mac/UNIX すべてで20年動くプログラムはどう書くべきか 一度書けばどこでも、ずっと使えるプログラムを待ち望んでいた人々へ贈る[シェルスクリプトレシピ集]
Windows/Mac/UNIX すべてで20年動くプログラムはどう書くべきか 一度書けばどこでも、ずっと使えるプログラムを待ち望んでいた人々へ贈る[シェルスクリプトレシピ集] ReleaseDate:2016-11-10
Label:シーアンドアール研究所
Author:松浦智之
Price:¥ 3,888    UsedPrice:¥ 3,888


UNIXコマンドブック 第4版
UNIXコマンドブック 第4版 ReleaseDate:
Label:SBクリエイティブ
Author:田谷 文彦
Price:¥ 2,376    UsedPrice:¥ 1,787


新Linux/UNIX入門 第3版 (林晴比古実用マスターシリーズ)
新Linux/UNIX入門 第3版 (林晴比古実用マスターシリーズ) ReleaseDate:
Label:SBクリエイティブ
Author:林 晴比古
Price:¥ 4,104    UsedPrice:¥ 1,224


<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:UNIX  
楽めっとコス@UNIX
検索:最中もなか@UNIX   検索:最中もなか@UNIX   UNIX好きだよね!!   
あまま@UNIX