楽めっと検索The
検索語句:経済・財政をAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:経済・財政  ディジャブ  ãƒžãƒŠãƒ¼  12v電動ウインチ  GS125  




<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  

そうだったのか!江戸幕府 江戸幕府の政策 経済・財政・社会 MCD Books
そうだったのか!江戸幕府 江戸幕府の政策 経済・財政・社会 MCD Books ReleaseDate:2013-09-22
Label:MCD Digital Publishing
Author:安平雲軒
Price:    UsedPrice:
合議体制の成立や中央銀行の設立、機械化・工業化の推進など、一般的に日本の近代化が始まったのは明治維新以降、つまり明治時代とされている。確かに明治維新は欧米列強に抑圧されてきたアジア諸国にとって近代革命の模範となった。また、第二次世界大戦で敗戦国となった日本が高度経済成長を成し遂げ、世界の列強の仲間入りしたことは「アジアの奇跡」とも呼ばれてきた。その起点は明治維新にあるという文脈である。

しかし、明治維新成功の背景に、その前段階である江戸時代に目を向けてみれば、労働生産性や教育水準の高さがあり、市場原理主義の浸透があり、マニュファクチュアやギルド(組合)の成立があり、官(幕府)民(商人や職人)の仕事を明確に分けた公共事業の推進と民営化があるなど、すでに近代の合理的な考え方を受け入れる素地が備わっていたことは見逃せない。つまり、「近代化への助走」は、すでに江戸時代に始まっていたのである。

本書は、江戸時代に生まれた近代化の萌芽を政治・経済の両面から具体的に紹介していくものである。着目点は、近代的な発想、科学的・合理的な思考の基盤を江戸時代から拾い上げることにある。

18世紀初頭、すでに人口が約100万人であったとされる江戸は当時世界最大規模の都市だった。ロンドンやパリが50万人前後であったことを考えると、必然的に政策面でも産業面でも都市生活の基盤が築かれていたと想像できる。おそらく都市生活を送るための最低限のインフラ整備やしっかりとした税制が敷かれていたであろうし、公共事業や民間事業も進められていたと思われる。また、各種の制度が敷かれ、それを推進したり、実施したりする担当者もいたであろう。もちろん、それらの決定機関、組織があったはずである。

また、商人や職人が安全な都市生活を送ることができる警察機関は不可欠であるし、安全な生活を脅かす者や不正な行いをした者に対して刑罰を下す機関も不可欠である。

たとえば都市生活のインフラ整備の一例として、水道整備がある。神田上水、玉川上水、青山上水、三田上水、亀有上水、千川上水の6上水による「江戸水道」は規模だけにスポットを当てれば、世界一であったと想像できる。江戸時代に誕生した神田上水と玉川上水は、17世紀中頃には地下式上水道としては、延長150キロという世界最大の上水道にまで発展した。これは誰かが都市生活者に役立つために行った事業、すなわち公共事業である。それほどの公共事業を推進するには、幕府の政策として事業を決定する機関が機能したであろうし、莫大な資金と組織的な労働力が必要であったことは容易に想像できる。

また、徳川家康が日本の銀需要を支える石見銀山を幕府直轄領としたことも興味深い。銀山開発の費用・資材(燃料など)を賄うため、周辺の郷村に直轄領である石見銀山領(約5万石)が設置されたのである。幕府は銀山のマネジメントを担う銀山奉行を派遣。その銀山奉行は山師(鉱山経営者)らを使って石見銀山開発を急速に進め、家康に莫大な銀を納め、朱印船貿易の元手にもなった。石見銀山の開発は幕府の資金源の確保だけでなく、民間労働者の雇用促進の面からも近代的で合理的な政策であり、重要な事業だったのである。

このように江戸時代にはすでに近代的合理主義が生まれ、マネジメントのしくみが機能し、幕府がつくった制度が稼動してことがわかる。多方面から江戸時代には学ぶべきことがある。それらは決して役に立たない雑学ではなく、経済や政治が向かう普遍的な側面を教えてくれるであろう。温故知新は、意外なことに新しい発想やブレイクスルーにもつながることがある。本書がそういった発想の突破口になれば幸いである。

ヘリコプター・マネーってなに?: いまさら聞けない経済重要用語解説 (浜町SCIブックレット)
ヘリコプター・マネーってなに?: いまさら聞けない経済重要用語解説 (浜町SCIブックレット) ReleaseDate:2016-07-21
Label:浜町SCI事業組合
Author:浜町SCI
Price:    UsedPrice:
最近、急速に注目されている「ヘリコプター・マネー」という言葉、実はとても誤解されている言葉でもあります。本書では、この言葉の定義と仕組み・効果を端的に解説しています。
11,000字、図表あり。

(序文より)
ヘリコプター・マネーとは、1969年にミルトン・フリードマンが「最適貨幣量(The Optimum Quantity of Money)」で展開した思考実験です。空から市民に対し大量の紙幣をばら撒き、経済刺激策とするほかインフレの誘導(リフレ)を行おうという政策手段です。さらに、この手法は、マネタイゼーション(債務の貨幣化)により得た資金でばら撒き政策を行うと表現することもできます。

ヘリコプター・ドロップとも言われるこの手法は、人々の想像力をかき立てます。お札を空からばら撒くというイメージから、ヘリコプター・マネーという言葉はかなり広い意味を持って用いられているようです。厳密には、マネタイゼーションとばら撒き政策という要素があってはじめてヘリコプター・マネーなのですが、実際には、ただのばら撒き政策を指して用いられることすらあります。また、マネタイゼーションやばら撒きという言葉の定義自体があいまいなのも事実です。

そこで、本書では、ヘリコプター・マネーという考えの本質、広義と狭義の語用での経済的効果の違いなどを手短にわかりやすく説明してみたいと思います。新聞やテレビでの用い方でも、かなりの幅をもって使われている言葉ですが、経済・金融・ビジネスに携わっている私たちは、その意味を正しく把握しておきたいものです。

欧州危機の真実 ―混迷する経済・財政の行方
欧州危機の真実 ―混迷する経済・財政の行方 ReleaseDate:
Label:東洋経済新報社
Author:高屋 定美
Price:¥ 2,376    UsedPrice:¥ 136


証券外務員試験・合言葉de合格!【8】金融・経済・財政の常識 証券外務員試験・合言葉de合格!シリーズ
証券外務員試験・合言葉de合格!【8】金融・経済・財政の常識 証券外務員試験・合言葉de合格!シリーズ ReleaseDate:2015-08-30
Label:SUCCESS CUBE LTD.
Author:秋田秀一
Price:    UsedPrice:
証券外務員試験の短期合格を応援する「合言葉de合格!」シリーズ。
【合言葉de合格!シリーズ・8】は、「経済・金融・財政の常識(一種・二種試験)」。


合言葉de合格!は、合言葉とイメージで重要ポイントを強烈にインプットするためのオリジナルサブノートです。

【セミナーなどでの講義風景に参加しているような(話し言葉に近い)サブノート(練習問題付き)になっています。】

【練習問題・全75問】


【目次】
1.経済について
2.金融について
3.財政について
4.景気と金利と債券市況との関係

合言葉de合格!のオリジナルサブノートは連動する問題集と合わせて活用することでより効率的な学習ができます。
記憶・インプットのためにスピードを追求することで、より強い集中力が発揮されるようになっています。

合言葉de合格!で証券外務員試験の短期合格を応援!
合格とその後の活躍を心よりお祈り申し上げます。


経済財政白書―リスクを越えて好循環の確立へ〈平成28年版〉
経済財政白書―リスクを越えて好循環の確立へ〈平成28年版〉 ReleaseDate:
Label:日経印刷
Author:
Price:¥ 2,160    UsedPrice:¥ 4,319


日本の未来悲観論
日本の未来悲観論 ReleaseDate:2016-08-05
Label:Global Investment Academy
Author:Global Investment Academy
Price:    UsedPrice:
日本が抱える最も大きな問題として、
「人口減少」「少子高齢化」がありますが、

これらが果たして日本の経済にどのような
影響を及ぼすものなのか想像がつきますでしょうか?

人口減少について言うと、
2040年頃には1億人を割り込むと言われていますが、、、

もし本当にそうなってしまったならば、
著しく労働力がなくなって
しまうことでしょう。。

労働力がなくなるということは、
国の生産性と共に、消費力の減少に繋がるわけですから、

日本のマーケットに魅力がなくなり、
お金が国内に集まらなくなって
しまうことになります。。。

さらに少子高齢化により
働く世代が少なくなり、
働かない世代の人口が増える。。

日本経済が低迷してしまうことが
容易に想像できてしまうのです。。。

これら最悪の事態をお伝えした上で、
今、できることは何なのか?

世界経済混乱の荒波に巻き込まれないための
打開策についてイーブックにて
お伝えしております。

投資やビジネスの世界において、
最悪の事態を想定しておくというのは
非常に重要なこととなります。

ダウンロードして
ぜひ学んでみてください!!

株の税金―確定申告マニュアル〈2006〉
株の税金―確定申告マニュアル〈2006〉 ReleaseDate:
Label:日本経済新聞社
Author:
Price:    UsedPrice:¥ 1


限定レア◆ピンバッジ◆パリ経済財政省ピンズフランス
限定レア◆ピンバッジ◆パリ経済財政省ピンズフランス ReleaseDate:
Label:ピンバッジ_pinsmarche
Author:
Price:    UsedPrice:
ビンテージもののレアな限定ピンズです。テーマを決めてコレクションしてもおもしろいですし、ピンバッジには裏側に小さな針と留め金がついていますので、ジャケットの襟元や帽子、スカーフ、カバンなどに付けてもおしゃれで楽しいです。

ピンズは1990年前後のフランスでノベルティグッズとして大流行し、そのときだけで50万種類ほど製作されたといわれています。その後も、オリンピックや万博、ワールドカップなど国際的なイベントのときには必ずたくさんの種類のピンズが作られているほか、アニメのキャラクターやスポーツチームのグッズ、ブローチのようにアクセサリーとして使えるピンズなどが世界中で作られています。大人の遊び心を刺激しつづけて、人気はますます上昇中です!

「ピケティの資産課税」に賛同する7つの理由: 経済を成長させる税制 常識に挑戦する経済論
「ピケティの資産課税」に賛同する7つの理由: 経済を成長させる税制 常識に挑戦する経済論 ReleaseDate:2015-03-07
Label:のらねこ書房
Author:のらねこま
Price:    UsedPrice:
ピケティ氏の主張する資産課税の考えに賛同する理由について、格差解消の側面より
むしろ「経済成長を促進する税制」としての側面から考察した書籍。経済の低迷の原因
は、膨大な貯蓄がありながらそれが消費にも投資にも向けられないことにあるとし、
富裕層の資産(資本)に課税する一方で所得税の最高税率を引き下げ、おカネの活性化
を目指す。同時に、課税により得た税収を経済に投下して経済成長を促進し、資本収益率
(r)と経済成長率(g)の差を縮小することにより格差の拡大を防止する。資本への課税に
よる税収は消費税5%以上にもなり、消費税増税の必要はなくなる。

<目次>
はじめに~増加するピケティへの誤解と批判 
第1章 格差是正だけではない、資産課税の目的
   日本における「資産格差」の実際
   トップ1%との所得格差は3倍だが、金融資産格差は25倍ある
   資産課税の目的
   課税の対象者は高額所得者ではなく高額資産家
 (1)格差の是正 資産課税導入の最も一般的な理由
   格差は社会の価値を棄損する
   「格差拡大は経済成長を阻害する」OECDの報告
 (2)経済成長の促進およびデフレ防止 貯蓄の社会的責任
   世の中におカネが回らない
   資産課税して消費税減税すれば貯め込まれたおカネが動きだす
   過度な貯蓄が経済を麻痺させ、デフレを引き起こす
   貯蓄の社会的責任
   所得ではなく資産に課税するのはなぜか
   死蔵された通貨の回収と市場への再投下の必要性
   法人が寝かせている資産への課税も必要
 (3)経済の活性化、モチベーションの向上
   資産課税の導入と所得税の減税をセットで
   「稼ぐ力」に課税せず、「カネの力」に課税すべき
   具体的な所得税と資産課税の例
   不労所得と生活保護の経済的な意味は共通しているのではないのか
   ストックに依存する経済からフローで支える経済への転換
   資産家の資産は経済成長を支えるか?
   日本では資産保有者の多くが高齢者
   資産に課税すれば高齢者が貧しくなるのか?
   富裕層のあるべき姿とは「たくさん稼いでたくさん使う」
 (4)金融緩和で発行した通貨の回収 際限なき通貨膨張の抑制
   金融緩和で増やしたおカネをどうするか
   金融緩和のおカネは資産家の利益に化けるしくみ
   不況のたびに増え続けるおカネ そして増え続ける富裕層の資産
   金融緩和と資産課税をセットで運用する
 (5)財政再建(財政再建とは負債と資産の相殺だから)
   そもそも誰が政府の借金を増やしたのか?
   企業のツケを国民に押し付ける政府・財務省
   国債で調達したおカネは富裕層と企業の資産に化けてしまった
   消費税こそ「将来世代へのつけまわし」だ
 (6)社会保障、年金の財源確保、インフラ投資などの財源確保
   資産課税は景気に左右されない安定した財源
   具体的な税収はどれくらいか?  消費税増税の必要なし
   エネルギーインフラ投資による経済成長
 (7)資産課税と消費税による景気(物価)のコントロール手法
   資産課税と消費税を組み合わせて運用する
   資産課税により日本の資産が消えるか?
第2章 ピケティや資産課税に対する批判について
 (1)「資本収益率(r)>経済成長率(g)」は理論的な根拠がない
 (2)資本蓄積が進むにつれて資本収益率は減少する
 (3)再分配だけでは経済は低迷する
 (4)大きな政府の問題
 (5)現実的に実施が難しい
むすび

常識とは違う視点から書かれておりますので、多面的に考えるのが好きな方には面白い
かも知れません。「常識に挑戦する経済論」としてシリーズを予定しています。今回はシリ
ーズ1作目となります。文字数:約40,000。

著者のブログを確認したい方は「ネコでもわかる経済問題」で検索ください。

OECD諸国・活力ある高齢化への挑戦―持続的な経済成長をめざして (MINERVA福祉ライブラリー)
OECD諸国・活力ある高齢化への挑戦―持続的な経済成長をめざして (MINERVA福祉ライブラリー) ReleaseDate:
Label:ミネルヴァ書房
Author:OECD
Price:¥ 2,677    UsedPrice:¥ 599


<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:経済・財政  
楽めっとコス@経済・財政
検索:最中もなか@経済・財政   検索:最中もなか@経済・財政   経済・財政好きだよね!!   
あまま@経済・財政