楽めっと検索The
検索語句:細野豪志をAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:細野豪志  TIBERIO FERRETTI  p`  ざら糖  重石  




<<Previous  1  2  Next>>  

未来への責任 (角川oneテーマ21)
未来への責任 (角川oneテーマ21) ReleaseDate:
Label:角川書店
Author:細野 豪志
Price:¥ 843    UsedPrice:¥ 1


証言 細野豪志 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る
証言 細野豪志 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る ReleaseDate:
Label:講談社
Author:細野 豪志
Price:¥ 1,728    UsedPrice:¥ 50


小沢一郎と平清盛シリーズ暫定四巻 細野豪志と平維盛
小沢一郎と平清盛シリーズ暫定四巻 細野豪志と平維盛 ReleaseDate:2017-11-23
Label:
Author:小林弘潤
Price:    UsedPrice:
 「小沢一郎と平清盛シリーズ」の第4弾(暫定四巻)では、民主党政権時代に原発事故担当大臣として福島原発事故の最前線に立った経験がある細野豪志氏と、平清盛の孫(重盛の嫡男)として『平家物語』でかなり重要な描かれ方をしている平維盛という人物の比較論を行っていきたいと思います。
 最初に言っておきたいのは、個人的に感じる「細野氏と維盛の類似度」は100%だということです。『松木謙公と平重衡』に入れた「番外編1」でも述べましたが、私は「松木謙公氏と平重衡の類似度」は90%、「原口一博氏と平宗盛の類似度」は99%と思っているのに対し、この「細野氏と維盛の類似度」に対しては「100%の確信を得ている」と何の迷いもなく断言することができます。
 『原口一博と平宗盛』のまえがきでは「原口氏と宗盛の組み合わせ」に関して「検証作業をやればやるほど、次々と類似点が見つかっていく傾向があったので、「なんでこの2人はここまでそっくりなんだ?」と心底驚いたし、原口氏の文章を読んでいく中で「まんま宗盛だな……」と唖然としたことも何度もあった」という言い方をしていますが、それでも「原口氏と宗盛の類似度は100%」と言うことには抵抗を感じてしまうところがあります。
 それに対して「細野氏と維盛の組み合わせ」に対して感じるのは「似ている」という感覚ではなく、「この2人はどう考えても同一人物としか思えない」という感覚(というか確信)です(ただ、これは「個人的な感覚」なので感じ方は人それぞれということができ、「いや、偶然という解釈も成り立つ」と判断された方はそれでいい、と思っていることも付け加えておきたい)。
 もし、この本を最後まで読まれて私と同じように「確かに、この2人は同一人物としか思えない」という思いになられた方の場合、「興味深い」とか「面白い」というような感情などどこかに行ってしまって、「人間って本当にすごい!」という人間讃歌の思い(それは〝感動〟という言葉では表現できないような奥の深い感覚だと言っておきたい)を味わうことになると思います(私の場合、この感覚が得られた時は細野氏に対して「恐れ入りました……」と頭を下げたくなる気持ちになったものだった)。
 小沢本、松木本、原口本、そしてこの細野本まで読まれてきた方であれば、この「小沢一郎と平清盛シリーズ」の奥に流れる精神がかなりのところまで把握できるようになると思います。場合によってはそれが「その人の人生を変えるきっかけになる」こともあると思いますので、ご期待いただければ幸いです。

※「小沢一郎と平清盛シリーズ」について
 この「小沢一郎と平清盛シリーズ」は「2009年の民主党政権樹立の最大の立役者と言える小沢一郎氏」と「平安末期に日本史上初の武家政権である平家政権を樹立させた平清盛」の比較論と言える『小沢一郎と平清盛』で打ち立てたコンセプトを発展させ、「小沢氏に近い(あるいは敵対する)政治家とそれに類似する平安末期の人物の比較論」としてシリーズ化した内容です。
 こうした「現在の人物と過去の人物の比較」をすることは「現在の人物の本質を見抜き、その人物が将来どういう道を歩むのか判断することも可能になる」と言えるだけでなく、様々な人物を対象にこうした比較論を展開していくことで「現代の政治状況が過去(平安末期から鎌倉初期)のそれと密接につながっていることが理解できるため、現代の政治がどんな方向に向かっていくのかさえ見えてくる」と言えます。
 この「小沢氏に近い政治家と平安末期の人物の類似点を探す作業」は非常に面白く、小沢氏だけでなく松木謙公氏、原口一博氏、細野豪志氏と彼らに類似する平家一門の人物の検証をする中で「なんで彼らはこんなところまで似ているんだ? 本当にそっくりじゃないか!」と何度も驚愕しただけでなく、気がついてみると「小沢氏に近い(あるいは敵対する)現代の政治家とそれに類似する平安末期の政治家」が相当なところまでリンクする状態になってしまったものです。
 これは「様々な政治家の比較論が進めば進むほど、現代の政治状況と平安末期の政治状況がどんどんリンクして見えてくる」ことも意味すると言えますが、私としてはこの企画を「『平家物語』と同様の、自由な増補加筆に基づく発展型の本にしたい」と思っていまして(詳細は電子書籍『月聖出版とは何か』本論15節)、将来的にはこのシリーズのコンセプトを理解した多くの人々によって増補加筆され、「平家物語をはるかに超えるような壮大な物語になって欲しい」と思っています。 

※シリーズ構成(2017年11月時点の構想で、変更する可能性あり)
第一巻『小沢一郎と平清盛』
暫定二巻『松木謙公と平重衡』
暫定三巻『原口一博と平宗盛』
暫定四巻『細野豪志と平維盛』
暫定五巻『前原誠司と平重盛』
暫定六巻『小池百合子と建礼門院徳子』
暫定七巻『野田佳彦と藤原信頼』
暫定八巻『石川知裕と平知盛』
暫定九巻『馬淵澄夫と平資盛』
暫定十巻『橋下徹と木曽義仲』
・以下、枝野幸男、石原慎太郎、細川護煕と「彼らに類似する平安末期の政治家」を論じた続編の刊行も考えています。

まえがき ~「細野氏と維盛は同一人物としか思えない」と思えた方は「人間って本当にすごい!」という感動が味わえる
1 華やかな前半生を送った維盛の人生は、父重盛の死と二度の戦いの敗北によって暗転する
2 細野氏の「絵に描いたような順調な出世」は維盛の華やかさと重なるところがある
3 小沢氏は細野氏を抜擢するほど彼の能力を買っていながら、妙に評価が厳しい雰囲気がある
4 富士川の戦いでの維盛と同様、原発事故収束宣言での細野氏にも「賛否両論」の傾向がある
5 細野氏が2度目の選挙で「あえて厳しい道を選んで」静岡新5区から出馬した理由
6 頼朝の怪物ぶりに翻弄された富士川の戦いは維盛以外の司令官でも撤退するしかなかった
7 維盛と忠度が寝食を共にしたのと同様、細野氏と海江田氏は共に「怪物」に立ち向かった
8 「重要なのは周りを巻き込んだ責任を果たすこと」という言葉に細野氏の人生が集約されている
9 「この2人は同一人物」という発想は「ある宗教的概念」を前提にしないと成り立たない
10 細野氏と小沢氏の壮絶な覚悟は、多くの人が「人間の底力」に気づく格好の事例になる
11 政権転落から解体までの民主党に対する細野氏の関わり方に「党に対するこの人の並々ならぬ思い」が感じ取れる (11節以降は2017年11月時点での加筆)
12 2015年の代表選の敗北後、細野氏は「党の迷走」に不満を募らせて離党という決断に到った
13 「これだけ覚悟が据わっていて有能な細野氏」がなぜ小池氏の正体を見抜けずに希望の党に参画したのか?

 私の中で「維盛=細野」が100%の確信になった経緯には「もっとインパクトのある発見」があり、これからそれについての話をしてみたいと思います。
 その前提として紹介したいのが、福島の原発事故が起きてから3ヶ月後にあった細野氏の「衝撃的な発言」です。
「万々が一、今後大きな爆発事故が発生し、今現場で懸命の努力をされている方々に一名でも犠牲者が出れば、私は議員を辞める」「事故の収束と再発防止に全力をあげること。これなくして、私が政治家になった意味も、大臣をやる意味もありません」
 こうした発言に対しては支援者の方からも「なぜ?」という声が出ていたようですが、私もこの発言を聞いてからしばらくの間「なぜこの人はそこまで言えるんだろう?」という違和感を覚えてきたものです。
 その違和感が解消して納得できたのが、ちょうど政府の「原発事故収束宣言」があった2011年12月だったと思います。それは私が細野氏が衆院選に出馬した経緯について調べていた時で、この時の発見は細野氏に関するもう一つの疑問に対する答えにもなったところがあります。
 それは「なぜ滋賀出身の細野氏が静岡から出馬したのか?」という疑問です。
~「4 富士川の戦いでの維盛と同様、原発事故収束宣言での細野氏にも「賛否両論」の傾向がある」より

〝小池〟にはまって、さあ大変! (仮) - 小池百合子という名の「絶望の党」 - (ワニブックスPLUS新書)
〝小池〟にはまって、さあ大変! (仮) - 小池百合子という名の「絶望の党」 - (ワニブックスPLUS新書) ReleaseDate:
Label:ワニブックス
Author:安積 明子
Price:¥ 950    UsedPrice:


パラシューター―国会をめざした落下傘候補、疾風怒涛の全記録
パラシューター―国会をめざした落下傘候補、疾風怒涛の全記録 ReleaseDate:
Label:五月書房
Author:細野 豪志
Price:    UsedPrice:¥ 3,253


憲法の将来 (中央公論 Digital Digest)
憲法の将来 (中央公論 Digital Digest) ReleaseDate:2017-06-26
Label:中央公論新社
Author:保岡興治
Price:    UsedPrice:
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

70年間 改憲できなかった本当の理由とは何か。
自公民維各党に田原総一朗が切り込むほか、
気鋭の研究者 ケネス・盛・マッケルウェインが 
世界の憲法典と比較し、日本国憲法の特殊な構造をあぶりだす。

パラシューター ―国会をめざした落下傘候補、疾風怒涛の全記録
パラシューター ―国会をめざした落下傘候補、疾風怒涛の全記録 ReleaseDate:2003-04-30
Label:五月書房
Author:細野 豪志
Price:    UsedPrice:
2000年衆議院選挙。カネナシ、看板ナシ、地盤ナシ、ないないづくしの泡沫候補とその仲間たちの戦いが始まった!
国会をめざした落下傘候補、疾風怒濤の全記録。

※本書は2003年に発行した底本から一部内容を削除・改訂して発行しています。

情報は誰のものか (岩波ブックレット (No.596))
情報は誰のものか (岩波ブックレット (No.596)) ReleaseDate:
Label:岩波書店
Author:筑紫 哲也
Price:    UsedPrice:¥ 494


ゲンロンエトセトラ #8
ゲンロンエトセトラ #8 ReleaseDate:
Label:ゲンロン
Author:東 浩紀
Price:    UsedPrice:¥ 4


伝える極意 (集英社新書)
伝える極意 (集英社新書) ReleaseDate:2014-02-14
Label:集英社
Author:長井 鞠子
Price:¥ 734    UsedPrice:¥ 11


<<Previous  1  2  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:細野豪志  
楽めっとコス@細野豪志
検索:最中もなか@細野豪志   検索:最中もなか@細野豪志   細野豪志好きだよね!!   
あまま@細野豪志