楽めっと検索The
検索語句:真木よう子をAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:真木よう子  KR-1  プロケッズ  エアトレック  ニット帽耳あて  




<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  

月刊 真木よう子 (SHINCHO MOOK 87)
月刊 真木よう子 (SHINCHO MOOK 87) ReleaseDate:
Label:新潮社
Author:
Price:    UsedPrice:¥ 6,323
「真木よう子」について・・・ 1982年10月生まれの24歳。千葉県出身。 中学卒業後、仲代達也主催の「無名塾」へ通い、女優の道を目指す。 2001年、映画「DRUG」にてデビュー。 その後、「バトルロワイヤルⅡ」(2003年・深作欣二監督)や全米2週連続NO.1の大ヒットとなった「THE JUON」(2005年)、そして昨今の邦画ブームに火をつけた「パッチギ!」(井筒和幸監督)といった話題作に出演。 中でも「パッチギ!」のスケバン&看護婦役は、ヒロインの沢尻エリカに負けず劣らずの好演で、一気に知名度がアップしました。 最近では、世界120カ国以上で翻訳され、各国でベストセラーになった「ベロニカは死ぬことにした」(パウロ・コエーリョ原作)の映画化作品で初の主役を演じ、初ヌードも披露したほか、オダギリジョー、香川照之という2大個性派俳優と競演した「ゆれる」(西川美和監督)はミニシアター系にもかかわらず半年以上のロングランヒットを記録しました。

週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕
週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕 ReleaseDate:2008-09-26
Label:キングレコード
Author:
Price:¥ 19,400    UsedPrice:¥ 9,059


真木よう子写真集 MUSCOVITE(モスコヴァイト)
真木よう子写真集 MUSCOVITE(モスコヴァイト) ReleaseDate:
Label:光文社
Author:
Price:¥ 2,700    UsedPrice:¥ 948


ベロニカは死ぬことにした
ベロニカは死ぬことにした ReleaseDate:2013-11-26
Label:
Author:
Price:¥ 300    UsedPrice:


月刊真木よう子special (SHINCHO MOOK 99)
月刊真木よう子special (SHINCHO MOOK 99) ReleaseDate:
Label:新潮社
Author:
Price:    UsedPrice:¥ 341


幸先坂 [CD+DVD]<タワーレコード限定>
幸先坂 [CD+DVD]<タワーレコード限定> ReleaseDate:
Label:
Author:
Price:¥ 800    UsedPrice:¥ 389
真木よう子7年振りの主演映画『さよなら渓谷』。椎名林檎が作詞作曲を手掛け、真木よう子自身が歌った同映画エンディング・テーマ「幸先坂」のシングルCDがタワレコ限定でリリース。真木よう子は、これまでにも他の企画作品にヴォーカル参加した経験はあるが、自身の名義でCDリリースするのは今回が初。また、このシングルには、真木よう子が初の歌い手として新たに撮り下ろされた歌唱映像を含む、「幸先坂」ミュージック・クリップが収められた特典DVD付き!

ベロニカは死ぬことにした [Blu-ray]
ベロニカは死ぬことにした [Blu-ray] ReleaseDate:2014-01-31
Label:KADOKAWA / 角川書店
Author:
Price:¥ 4,699    UsedPrice:¥ 3,337


週刊真木よう子公式本 (Gakken Mook)
週刊真木よう子公式本 (Gakken Mook) ReleaseDate:
Label:学習研究社
Author:
Price:    UsedPrice:¥ 887


さよなら渓谷(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]
さよなら渓谷(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray] ReleaseDate:2016-08-03
Label:キングレコード
Author:
Price:¥ 2,209    UsedPrice:¥ 2,200


ベロニカは死ぬことにした [DVD]
ベロニカは死ぬことにした [DVD] ReleaseDate:2006-09-22
Label:角川書店
Author:
Price:¥ 3,128    UsedPrice:¥ 2,400
   パウロ・コエーリョのベストセラー小説を、脚本家の筒井ともみが舞台を日本に置き換えて製作・シナリオ化。俳優出身で『全身と小指』などここ数年監督作品多数の堀江慶が演出に当たった問題作。人生に嫌気が差して自殺を図ったトワ(真木よう子)は、奇妙なサナトリウムで目覚め、そこの院長(市村正規)からあと7日間の命と宣告される。院内で周囲と拒絶するトワは、しかしそこで画家志望で言葉を失った青年クロード(イ・ワン)と知り合う…。
   フィーリングやイメージ主体の演出ゆえか、サナトリウム内の患者たちの描写が単に陰鬱なものにしか感じられず、その中で孤立していくヒロインにシンパシーを寄せることができない。風吹ジュンや荻野目慶子、中嶋朋子など芸達者の個性で何とか持ちこたえている部分もあるが、それ以上のものを演出は引っ張り出してはおらず、ごひいきのヒロイン真木よう子の熱演も報われていないのは悲しい限り(綺麗に撮れているのが救いだが)。音楽はエンニオ・モリコーネの息子アンドレア・モリコーネだが、別に何と言うこともなし。いずれにせよ、一体この映画は何を観客に問いかけたかったのか、生きる希望? 魂の再生? すべて弱いのが一番の難点だ。(増當竜也)

<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:真木よう子  
楽めっとコス@真木よう子
検索:最中もなか@真木よう子   検索:最中もなか@真木よう子   真木よう子好きだよね!!   
あまま@真木よう子