楽めっと検索The
検索語句:建築学会賞をAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:建築学会賞  淫交  dvd-ram  ホンマでっか!?TV  縁なし  




<<Previous  1  2  3  4  Next>>  

日本の名建築167―日本建築学会賞受賞建築作品集1950‐2013
日本の名建築167―日本建築学会賞受賞建築作品集1950‐2013 ReleaseDate:
Label:技報堂出版
Author:
Price:¥ 4,104    UsedPrice:¥ 3,000


人口減少時代のマイタウンの再生―2007年度日本建築学会設計競技優秀作品賞
人口減少時代のマイタウンの再生―2007年度日本建築学会設計競技優秀作品賞 ReleaseDate:
Label:技報堂出版
Author:
Price:¥ 5,665    UsedPrice:¥ 420


新・都市論TOKYO (集英社新書)
新・都市論TOKYO (集英社新書) ReleaseDate:2016-03-18
Label:集英社
Author:隈研吾
Price:    UsedPrice:
景気回復の実感はいまだ薄い。にもかかわらず、東京では空前の大規模再開発が進行中だ。林立する高層ビル、変貌する街の風景。これは、本当に“東京の再生”につながるのだろうか? 「都市は失敗の集積にほかならない。失敗を重ねた都市ほど偉大な都市だ」と語る建築家が、21世紀TOKYOを象徴する、5つのスポットを巡った。汐留、丸の内、六本木ヒルズ、代官山、町田。そこに見えてきたのは、どんな「失敗」と「未来」の姿だったのか?【目次】都市開発の手法を概観する/第一回・汐留 悲しい「白鳥の歌」が響き渡る二一世紀の大再開発/第二回・丸の内 東京の超一等地に三菱の「余裕」がどこまで肉薄するか/第三回・六本木ヒルズ 森稔の執念が結実した東京の蜃気楼/第四回・代官山 凶暴な熊に荒らされる運命のユートピア/第五回・町田 「郊外」かと思っていたら「都市」だったという逆説/対話篇・そして北京/あとがき

THE PROLIFIC WORLD of TOGO MURANO -ARCHITECTURAL MODELS
THE PROLIFIC WORLD of TOGO MURANO  -ARCHITECTURAL MODELS ReleaseDate:
Label:青幻舎
Author:目黒区美術館
Price:¥ 3,240    UsedPrice:¥ 5,230


堀部安嗣 建築を気持ちで考える
堀部安嗣 建築を気持ちで考える ReleaseDate:
Label:TOTO出版
Author:堀部 安嗣
Price:¥ 2,376    UsedPrice:¥ 2,046


建築の転生・都市の転生―2004年度日本建築学会設計競技優秀作品賞 (日本建築学会設計競技優秀作品集 (2004年度))
建築の転生・都市の転生―2004年度日本建築学会設計競技優秀作品賞 (日本建築学会設計競技優秀作品集 (2004年度)) ReleaseDate:
Label:日本建築学会
Author:日本建築学会
Price:¥ 17,419    UsedPrice:¥ 4,039


ルイス・カーン研究―建築へのオデュッセイア
ルイス・カーン研究―建築へのオデュッセイア ReleaseDate:
Label:鹿島出版会
Author:前田 忠直
Price:    UsedPrice:¥ 1,700


伊東豊雄の建築2 2002-2014
伊東豊雄の建築2 2002-2014 ReleaseDate:
Label:TOTO出版
Author:伊東豊雄
Price:¥ 4,536    UsedPrice:¥ 3,473
伊東豊雄建築の魅力に迫る作品集、第2弾。本書は、『伊東豊雄の建築1 19712001』(2013年12月発行)に続く第2弾であり、世界的建築家・伊東豊雄氏の2002年以降の活動をまとめた作品集です。これら2巻を通じて、伊東豊雄氏の40年余りに及ぶ設計活動の全容を総覧いただける内容となっています。本書では、その活躍の場を国内から海外へと大きく広げた「せんだいメディアテーク」(2001年)後のプロジェクトを紹介。「ブルージュ・パビリオン」(2002年)以降、国内外の作品から、現在建設中のプロジェクトや計画中のプロジェクトまでを、豊富な写真や図面、スケッチ、CG画像などとともに紹介しています。特に、完成を間近に控えた「台中国立歌劇院」は、現場の最新画像を加え、オペラハウスの空間が建ち上がっていく様子をご覧いただけます。また、2011年の東日本大震災を機に取り組まれてきた「みんなの家」の活動も紹介。
さらに第1巻と同様、巻頭では建築史家・藤森照信氏との対談を収録し、さらに所員とのインタビュー形式の対話からも伊東氏の思考の過程を鮮やかに読み取ることができます。 ますます円熟味を増す伊東豊雄建築の魅力を余すところなく盛り込んだ内容となっていますので、建築実務者のほか建築を志す学生の方々にも是非ご一読いただきたい作品集です。

伊東豊雄の建築 1 1971-2001
伊東豊雄の建築 1 1971-2001 ReleaseDate:
Label:TOTO出版
Author:伊東豊雄
Price:¥ 4,320    UsedPrice:¥ 2,701
伊東豊雄 待望の作品集 第1弾。世界の建築界を牽引する伊東豊雄氏。1970年に事務所設立以来40数年にわたり150以上のプロジェクトに取り組んでいる氏の全貌を、全2巻で紹介します。単行本による氏の作品集は日本初となります。1巻目の本書は1971年の処女作「アルミの家」から、国内でのそれまでの作品のピークとなった2001年の「せんだいメディアテーク」までの中から、20作品を選び豊富な写真と図面、スケッチで紹介します。また、巻頭の藤森照信氏との対談録と現所員からのインタビュー録により、時代背景や氏の思考を浮き彫りにします。独特の軽やかさと、時代と共に変化する柔軟さをあわせもちながら、建築をつくり続けてきた氏の軌跡を辿ります。世界のTOYO ITOになる前になにを考え、なにをつくっていたのか。今につながる過去の作品や影響を受けたことなど、現在に至る過程が読み取れます。 とくに伊東氏の初期作品に触れることの少ない、若い世代に読んで欲しい1冊です。

ここに、建築は、可能か
ここに、建築は、可能か ReleaseDate:
Label:TOTO出版
Author:伊東豊雄、乾 久美子、藤本壮介、平田晃久、畠山直哉
Price:¥ 2,376    UsedPrice:¥ 946
建築は誰のために、そして何のためにつくるのか?
本書は、第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2012年8月29日~11月25日)において金獅子賞を受賞した日本館の展示記録であり、また同時に岩手県陸前高田市で建設が進められた「みんなの家」が完成するまでの記録集です。ここに、建築は、可能か?――陸前高田に「みんなの家」を建てるというプロジェクトを通して、同展のコミッショナーを務めた伊東豊雄氏より提示されたテーマと向き合った3人の建築家・乾久美子氏、藤本壮介氏、平田晃久氏が導きだしたものは何だったのか。現地を訪れ、仮設住宅で暮らす人びとと交流することによる発見、伊東氏をはじめとするメンバーとの議論の中から共有されていったことなど、3人による協同設計のプロセスを、その過程でつくられた百数十という模型やスケッチ、そして同市出身の写真家・畠山直哉氏によって撮影された被災後の陸前高田とそこに「みんなの家」が立ち上がっていく様子をとらえた写真で紹介します。また、ヴェネチア・ビエンナーレの前後に行われた2回の座談会でも、その試行錯誤の過程が語られています。今改めて、建築家の職能を、そして建築の意味を問う一冊となっています。建築は誰のために、そして何のためにつくるのか?

<<Previous  1  2  3  4  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:建築学会賞  
楽めっとコス@建築学会賞
検索:最中もなか@建築学会賞   検索:最中もなか@建築学会賞   建築学会賞好きだよね!!   
あまま@建築学会賞