楽めっと検索The
検索語句:哲学・思想をAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:哲学・思想  西條るり  ミエコ・ウエサコ  オーバーフロー水槽  å¼“道袴  




<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  

哲学(?)
哲学(?) ReleaseDate:2014-10-22
Label:
Author:佐藤千秋
Price:    UsedPrice:
現象学的観点から仏教を論じています。
現在、仏教は明確に宗教ですが、宗教であることが仏教の最大の不幸であると考えます。
現象学的手法により「客観」「時間」「無限」をエポケーした上で「諸行無常」「無我」「輪廻」について論じております。

ハートへの哲学 (ナチュラルスピリット)
ハートへの哲学 (ナチュラルスピリット) ReleaseDate:2017-03-16
Label:
Author:天音 優希
Price:    UsedPrice:
ハートと生命についての哲学。



ノンデュアリティへの架け橋となる考え方についてわかりやすく書かれています。



「君へ」という語り口で書かれてあり、10代の人たちにも理解しやすいでしょう。



学歴社会、善悪に基づいた判断、物質至上主義など、

現代の日本社会や大人が抱える、人間の尊厳の喪失や閉塞感につながる具体例を挙げつつ、

ノンデュアリティを分かりやすく説いています。




個人の生き方を問う、哲学的指南書。



存在の尊厳に満たされ、ハートの輝きで生きる。

岩波哲学・思想事典
岩波哲学・思想事典 ReleaseDate:
Label:岩波書店
Author:
Price:¥ 15,120    UsedPrice:¥ 9,000


哲学(上巻)
哲学(上巻) ReleaseDate:2014-11-30
Label:
Author:Hiroshi Sasaki
Price:    UsedPrice:
これほど、分かりやすく、読みやすい、哲学書が、これまで、あっただろうか…。しかも、内容は、非常に高度である。有史以来、幾多の天才たちが解決できなかった大問題。すなわち、絶対者の非存在の証明、および、実体の非存在の証明、そして、認識論の完成と、さらには、存在と世界の原理の解明。その上、一世を風靡した、マルクス主義理論の完全論破、等々…。哲学の主要な問題は、この哲学の論文において、ほとんど解決されたと言って、過言ではない。ここに、新世紀に、ふさわしい、独創の哲学が誕生した。

徹底討論 市田良彦・王寺賢太編『現代思想と政治』@京大人文研
徹底討論 市田良彦・王寺賢太編『現代思想と政治』@京大人文研 ReleaseDate:2016-12-19
Label:読書人
Author:鵜飼哲
Price:    UsedPrice:
2016年3月20日、京都大学人文科学研究所で行われた市田良彦・王寺賢太共編『現代思想と政治――資本主義・精神分析・哲学』(平凡社刊2016年1月)公開合評会の模様を載録したものに、各発言者の若干の加筆修正を加えた発言録。合評会の評者としては、発言順に、檜垣立哉(大阪大学人間科学研究科教授)、森川輝一(京都大学公共政策大学院教授)、鵜飼哲(一橋大学言語社会研究科教授)の3氏が招かれ、それぞれのコメントに、市田氏をはじめとする『現代思想と政治』寄稿者が順次応答する形で議論は進行した。会は総計およそ7時間にわたって、活発な討論が繰り広げられた。読者の方々には、7時間の議論の醍醐味を十分味わっていただけるのではないか。
『現代思想と政治』の寄稿者には、以下の19人が名を連ねている。市田良彦、王寺賢太、小泉義之、佐藤淳二、上田和彦、箱田徹、布施哲、長崎浩、沖公祐、佐藤隆、中村克己、廣瀬純、長原豊、中山昭彦、佐藤嘉幸、松本潤一郎、上尾真道、立木康介(敬称略)。日米安保闘争以来の日本の新左翼の思想と運動の一線を担ってきた長崎氏から、市田氏、小泉氏、長原氏といった現代思想論・現代政治論で広く知られる論客たちを経て、経済学・精神分析・文学・哲学・思想史など幅広い分野から、中堅・若手の実力ある研究者たちを糾合してなった書物であることが見てとれる。合評会当日、廣瀬氏と中山氏は欠席だったが、それぞれが、現時点における考察と評者のコメントに対する回答を短いテクストのかたちで執筆、巻末に補記として付した。『現代思想と政治』の目次、及び檜垣・森川・鵜飼の三氏が合評会のため準備したレジュメも、同様に巻末に収録した。

哲学(下巻)
哲学(下巻) ReleaseDate:2014-11-30
Label:
Author:Hiroshi Sasaki
Price:    UsedPrice:
これほど、分かりやすく、読みやすい、哲学書が、これまで、あっただろうか…。しかも、内容は、非常に高度である。有史以来、幾多の天才たちが解決できなかった大問題。すなわち、絶対者の非存在の証明、および、実体の非存在の証明、そして、認識論の完成と、さらには、存在と世界の原理の解明。その上、一世を風靡した、マルクス主義理論の完全論破、等々…。哲学の主要な問題は、この哲学の論文において、ほとんど解決されたと言って、過言ではない。ここに、新世紀に、ふさわしい、独創の哲学が誕生した。

倫理・哲学の特別講義 3時間で読む、高校生のための思想・哲学・倫理学入門 学研合格新書
倫理・哲学の特別講義 3時間で読む、高校生のための思想・哲学・倫理学入門 学研合格新書 ReleaseDate:2015-03-16
Label:学研プラス
Author:大磯仁志
Price:    UsedPrice:
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
センター試験に対応した「倫理」の電子書籍! 難しい「思想」の流れと概要を、見事なまでに簡潔に説明。対話形式だから読みやすく、短時間で得点力もアップすること間違いなし。高校生だけでなく、大人にも読んでほしい一冊。

「西洋の哲学・思想」がよくわかる本 ソクラテスからニーチェ、サルトルまで (PHP文庫)
「西洋の哲学・思想」がよくわかる本 ソクラテスからニーチェ、サルトルまで (PHP文庫) ReleaseDate:2013-12-13
Label:PHP研究所
Author:
Price:    UsedPrice:
「汝自身を知れ」「我思う、ゆえに我あり」「人間は考える葦である」「神は死んだ」など、どこかで見聞きしたことがある言葉の数々。ただ、その意味は?となると意外と知らない人も多い。本書では、古代ギリシャのソクラテスから二十世紀後半のフーコーまで、歴史に名を刻む西洋の哲学者・思想家43人を厳選。宗教から哲学まで人間の認識能力を取り上げたカント、社会主義社会の成立の基本精神となったマルクス、哲学はもとより文学・演劇・文芸批判の分野で活躍したサルトル、「人間の存在とはなにか」を追究したハイデッガーなど、多様を極める知の英雄たちの哲学・思想を、素顔がわかる肖像画とともに、わかりやすく解説している。「難しい」「わかりにくい」と敬遠されがちな哲学や思想だが、「これだけはぜひ知っておきたい」という事柄に絞って紹介しているので、これから西洋哲学を学ぼうとする人にとって絶好の入門書である。

高校生のための哲学・思想入門 哲学の名著セレクション (教科書関連)
高校生のための哲学・思想入門 哲学の名著セレクション (教科書関連) ReleaseDate:
Label:筑摩書房
Author:竹田 青嗣
Price:¥ 1,512    UsedPrice:¥ 947


湧き上がる力: あなたが想像を超える (JSW ブックス)
湧き上がる力: あなたが想像を超える (JSW ブックス) ReleaseDate:2017-03-20
Label:JSW ブックス
Author:河合純也
Price:    UsedPrice:
湧き上がる力とは、一体どんな力だろうか?

無理して、意識しなくては出てこない力、ではありません。
頭で考えて、納得して、理解できた時に出てくる力、でもないのです。

感情でも、気持ちでも、勝手にこみ上げてくるもの。勝手に湧き上がるものなのです。
理解するなんていうことは飛び越えて、超越して起きている現象の一つです。
心の奥底から湧き出してくる感じのものなのです。
勝手に心が感じている、感性の力、と言い換えてもほぼ間違いではないでしょう。

例えば、「感謝する」という気持ち(感情)があります。
感謝しようと思って、感謝するのは、本当の心からの感謝ではないことは、誰でも直観的にわかるでしょう。
感謝は、「するもの」ではなくて、勝手に自然に「湧き上がるもの」なのです。

「今に生きる」とは、感謝と共にいて感謝を味わうことなのです。
求めてそうしているのではなく、勝手に「湧き上がってくる力」を感じて、自然にそうしているのです。
求めるのではなく、湧き上がってくる、この感覚をとにかく大切にしてほしい、、、。
おそらくそういう気持ちから、河合純也はこの本を書いたのではないだろうか。

「感謝する」ということは、湧き上がってくる毎瞬毎瞬の有難味を味わうことなのです。

「テクニックなどを駆使して成功の果実を得ても、人は幸せにはなれない」
「テクニックで成立をさせていたら、いつまでも埋まらないものを持ち続けることになる」
「本当に幸せになるというのは、心の奥底から、心底からの幸せがもたらすものを味わい生きること」であると、
河合純也はこの本の中で言っています。

テクニックとはちょうど真逆にあるのが、この「湧き上がる力」なのです。
無理のない「本物の自然の力」が湧いてくるのです。

あなたは自分のことをいつでも、どんな場面でも、信じられますか?
気の向いた時だけではなく、常に、信じることができますか?
信じたり、信じなかったりするのではなく、どんな時でも「信じ切る」ことができますか?

湧き上がってくる力の存在を、一度でも感じ、経験した人であれば、「信じ切る」ことは出来るはずです。
あなたは、あなたが思っているほど、信じるに値しない存在なのか?
決してそうではないのです。

では、「湧き上がるもの」とはいったい何であるのか?
それは、有難味を感じて味わう価値のある、自然に感謝したくなることであり、
ひとことで言えば「愛」なのです。

あなたが「その力の存在」に気付いてあげてないだけです。
あなたが知らない振りをしたり、時には無視しているだけです。
意識が足りない、自覚が足りないだけです。

あなたの中には「湧き上がる力」が元々あるのです。
あなたの中に最初からある、正直で素直な心、湧き上がる力に蓋をしてはいけません。

「本当で本物の自分」を見ないようにして生きてはいけないのです。
そう言うと、「でも、しかし、、、そうやって生きることは、難しい」と多くの人は言います。
それは、難しいのではなく、不都合があって、単純に、「そうしたくない」という意思表示と同じことです。

「難しい」という言葉には「嫌がる気持ち」の周波数(波動=波長)があるのです。
自分でも気付かぬうちに「そうしたくない」方を選んでいるのです。
「難しくてできない」というのはもっともらしい嘘で、実は「そうしたくない」だけなのです。

私たちは、生きているだけで色々な出来事に遭遇します。
「出来事」とは、ただ単に「出来事」であるだけです。
それ以上でもそれ以下でもなく、味わいや色合いも無味で無色なものです。

人は、過去の経験や記憶から、出来事に対して何かの意味を持たせようとします。
物事の良し悪しは、自分がする「意味付け」で決まってしまうのです。
言い換えると、人生の良し悪しは、全て、自分が作り出している。
人生は、自由自在に自分で作れる、ということなのです。

現実に自分の目の前に起きた出来事を、何と酷(ひど)いことだ、と意味付けすることができます。
でも、それとは逆に、出来事の裏側にある「愛」を感じて、出来事から「学び」を得ることだって出来るのです。
ネガティブで、マイナスな酷い出来事だからこそ、自分にとって大きな学びになる場合があるのです。

そうした経験が、大きく自分を「成長」させることだってあるのです。

酷い、と決めつけているのは、実はあなたがそうしているだけ、なのです。
「あなたが、そう思い、そう感じている」
そのことだけが「正確な事実」なのです。

あなたが好きで選んだ感情を乗せて、意味づけしているだけなのです。

出来事に良いも悪いもない、のです。
あくまでも、「出来事は出来事」なだけ、なのです。
出来事に、あなたの感情を乗せるから、それがあなたにとっての「事実」になってしまうのです。

「出来事はすべて必然、自分に必要なことが起こっているだけ」
「あなたが何かを確実に得られて、成長ができるように、すべての出来事は起きている」
「あなたに起きる出来事は、あなたの想像を超えて、はるかに、あなたにとって優しく親切である」
河合純也はそう言っています。

「自分の世界は、自分が決めている」のです。
そうでなければ、ただの「勘違い」をしているだけです。

誰か他人に向かって言うことであっても、ブーメランのごとくに、自分に返ってきます。
「他人」に言われたことが気になるのは、そこに「自分」が見え隠れするからです。
他人(相手)の気になる言動の中に、「そこにこそ自分がいる」のです。

自分の中に巣食っている、自分を苦しめるもの。
他人に感じる何か嫌なものを、自分の中から残さずに手放したいのなら、
この本を読んで「腑に落とす」のが、一番てっとり早い方法だろうと思います。

全ては、ただ自分の反映であり、自分の一部を見ているに過ぎない。
「成長するためには、一切カッコ付けずに曝けだすことが大事」だと、河合純也は言います。

この世界に生きるすべての生物にとっての原則は、
人間であっても例外なく、「成長」して何かに「貢献」すること。

成長から逃げ回っていると、幸福の絶対値は上がらない、ということだと思います。

読むほどに、勝手に力が湧き上がってくる。
読むほどに、あなたに力が湧いてくる。
そういう本です。

この本は、ライフパワーエネルギーコーチ 河合純也が、
あなたの持つ「無限の可能性」の扉を開くために、そのエッセンスをぎっしりと詰め込んだ、
コンパクトな渾身作です。

アイホンなどのスマホの中に入れておいて、いつでも、電車の中など、どこにいても、
腑に落とせるまで、読み返してみてください。

短編でありながらも、読むたびに新しい気づきと、湧き上がる力を感じることができる作品です。

<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:哲学・思想  
楽めっとコス@哲学・思想
検索:最中もなか@哲学・思想   検索:最中もなか@哲学・思想   哲学・思想好きだよね!!   
あまま@哲学・思想