楽めっと検索The
検索語句:イタリア 地震をAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:イタリア 地震  ポリッシャー  ずんだもち  395  REAL  




<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  

週刊ニューズウィーク日本版「特集:プーチンの世界戦略」〈2016年9/27号〉 [雑誌]
週刊ニューズウィーク日本版「特集:プーチンの世界戦略」〈2016年9/27号〉 [雑誌] ReleaseDate:2016-09-21
Label:CCCメディアハウス
Author:
Price:    UsedPrice:
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

特集:プーチンの世界戦略

シリア内戦からアメリカ大統領選まで
世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

◆プーチンの世界戦略◆
指導者 世界を攪乱するプーチンの地政学
中東 ロシアが埋める弱腰オバマの空白
欧州 ウクライナをめぐる「長い戦争」
アジア 南シナ海を襲う中ロ同盟
米ロ関係 トランプに擦り寄るプーチンの思惑

◆「トランプ大統領」の黒い利権◆
調査報道 世界にビジネスを展開する不動産王の多過ぎる利益相反

【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA 「民主の村」弾圧に冷ややかな中国人
AGRIBUSINESS 巨大企業が世界農業を牛耳る日
ISRAEL 入植者追い出しは民族浄化?
SOUTH AFRICA 干ばつで国立公園のカバがいけにえに
NETHERLANDS 「誰でも臓器提供」法が下院を通過
NORTH KOREA 北朝鮮を止めるため6カ国協議再開を
MYANMAR 対ミャンマー制裁解除していいの?
BY THE NUMBERS 日中の悪感情に出口は見えるか
BRITAIN 90歳の英女王に減速の兆しなし
Asia
CHINA 差別的記述は撤回でも中国の「傍若無人」
U.S. Affairs
トランプの新政策が語る「大衆の味方」の大嘘
Business
民泊サービスAirbnbは差別をなくせるか
無断口座開設はなぜ起きた

【FEATURES & ANALYSIS】
中国 新シルクロード、4年目の現実
地政学 中国サウジ「同盟」の思惑
欧州 アイルランド経済の奇妙な二重構造
テクノロジー 燃えるべくして燃えたリチウム電池
医療 鮮度がカギを握る臓器移植の新手法

【LIFE/STYLE】
Movies 『スーパーメンチ』なぶっ飛び業界仕掛け人
Movies ガザのアイドルと希望の物語
Health 排気ガスと認知症の危険過ぎる関係
Health インフルエンザの予防接種は朝がいい?
Travel イベリア半島の家族経営の隠れ家ホテル
Housework 性別と家事分担の根深い刷り込み
Work 給料が低いのは朝の「手抜き」のせい?

【DEPARTMENTS】
Perspectives
Picture Power 学校の倒壊が子供を殺す地震大国イタリアの闇
Letters
RearView

イタリアで、福島は。 (NextPublishing)
イタリアで、福島は。 (NextPublishing) ReleaseDate:2016-01-22
Label:クロスメディア・パブリッシング
Author:安西 洋之
Price:    UsedPrice:
解説・早野龍五(東京大学大学院理学系研究科教授)


「ただの事実」がそれなりに伝わるだけで、たいしたことなんだよなぁ。  ――糸井重里氏(ほぼ日刊イトイ新聞)推薦!

たしかなデータを提示しながらも、
いまだ風評被害に泣かされる「福島の食」。
とくに海外での偏見は根強いといいます。
そんななか、イタリアのミラノで、
福島を軸に「食の安全」について考える
「Fukushima Food Safety Conference」
というイベントが開催されました。
それは一過性のキャンペーンで終わったのか、
イタリアの人々の認識を少しでも新たにしたのか。
ミラノと東京を拠点にする
ビジネスプランナー、安西洋之さんが、
「イタリアでの福島」について、
ありのまま、伝えてくださいます。―――ほぼ日編集部(まえがきより)


2015年、美食の国イタリアで「食」をテーマに開催されたミラノ万博。
食の安全は、大きなテーマのひとつに位置づけられていました。
科学的に安全であるという根拠が明確な食品であっても、
東北や日本の食品に対して輸入に制約を設けている国が今なおあります。
チェルノブイリなど身近な放射能問題に直面してきた
ヨーロッパの国に暮らす人々の本音はどのようなものなのでしょうか。

正しい情報をいかに、「外国」で伝えていくか。
本書で報告されている日伊合同シンポジウムは、食の問題に限らない
より大きな問題意識を投げかけるものでもあります。     (編集部)


※本書は、2015年11月25日~12月8日にかけて、ほぼ日刊イトイ新聞に連載した記事を刊行したものです。
早野龍五氏による解説は本書のために書下ろしました。


【目次】
はじめに ・・・ほぼ日編集部

1 ミラノ万博開催中に福島の今を伝える
2 検索エンジンの言う
3 福島には別な現実があったんだね
4 原子力を勉強している学生はどう聞いたか
5 知日派が過ごしたこの4年半
6 日欧200人以上の高校生の論文が英国専門誌に掲載される
7 イタリアが欧州の鍵となるのでは
8 青空市場と大手スーパーに共通するもの
9 信頼する、される
10 自分にとってのFUKUSHIMAを考える

解説 ・・・早野龍五

Terremoto e rischio sismico (Fondamenti)
Terremoto e rischio sismico (Fondamenti) ReleaseDate:2015-01-07
Label:Ediesse
Author:Maria Grazia Ciaccio
Price:    UsedPrice:
Il libro di Maria Grazia Ciaccio e Giovanna Cultrera, che esce per la collana divulgativa Fondamenti, vuole fare chiarezza su un fenomeno naturale che interessa l’Italia in modo particolare. Le autrici, ricercatrici dell’INGV, si rivolgono a un pubblico di non addetti ai lavori per spiegare le basi scientifiche del fenomeno, l’impatto sociale che un sisma può avere sulla società e, infine, i modi attraverso i quali possiamo evitare che i terremoti si trasformino in catastrofi di grandi dimensioni. Solo negli ultimi anni abbiamo assistito a tre terremoti che hanno provocato vittime e molti danni (Molise 2002, L’Aquila 2009, Emilia Romagna 2012). E tra tutte le catastrofi naturali che si abbattono sul nostro paese, sono proprio i sismi a causare i danni più ingenti e il maggior numero di vittime (120mila negli ultimi 110 anni). Perché si verificano i terremoti? Come e dove avvengono? Come si propagano le onde sismiche? Cos’è il “rischio sismico”? Modalità costruttive degli edifici, studi sulla pericolosità sismica e applicazione della normativa antisismica influiscono sulla sicurezza della vita quotidiana. Roma è un ottimo esempio di quanto geologia, densità abitativa e patrimonio architettonico possano rendere una grande metropoli vulnerabile a terremoti forti sebbene distanti. La storia racconta che spesso le conseguenze di un forte terremoto sono devastanti e possono comportare cambiamenti epocali. La sismologia svolge quindi un ruolo determinante e concorre a generare la consapevolezza che la prevenzione è l’unica difesa dai terremoti. Per questo sarebbe importante costruire i nuovi edifici secondo le norme antisismiche e adeguare quelli esistenti. Tuttavia la scarsa attenzione istituzionale e i pochi investimenti nella ricerca in Italia limitano drasticamente l’azione preventiva.

Scorie radioattive. Chi sa trema, ma in silenzio (Yahoopolis. Guide postmoderne)
Scorie radioattive. Chi sa trema, ma in silenzio (Yahoopolis. Guide postmoderne) ReleaseDate:2012-09-14
Label:Aliberti Editore
Author:Maurizio Pallante Andrea Bertaglio
Price:    UsedPrice:
Un’inchiesta tagliente come un rasoio.
Un libro che suscita rabbia e indignazione.
La verità sconvolgente sul nucleare in Italia.

Di tanto in tanto, in date sconosciute, ci sono treni che fanno la spola tra l’Italia e la Francia attraversando paesi e città. Trasportano scorie nucleari, solo che nessuno lo sa. Sulle rive della Dora Baltea, esattamente a Saluggia, è stipato l’85 per cento dei rifuti radioattivi italiani, in gran parte in forma liquida. Dovevano essere solidifcati trent’anni fa, e invece sono ancora lì. Insieme a cinque chili di plutonio, una quantità suffciente a uccidere cinquanta milioni di persone: un decimo di milligrammo, se inspirato, costituisce uffcialmente una dose mortale. Millecinquecento metri più a valle c’è il più grande acquedotto del Piemonte, e quando il fume è in piena, chi sa trema. Ma in silenzio.
Ci sono depositi di rifuti radioattivi un po’ ovunque nel Paese. Gli scarichi di routine dei centri nucleari fniscono nei fumi e nei laghi, ma nessuno sembra notarlo. Sotto il terreno bresciano sono stipate quaranta bombe atomiche, altre cinquanta ad Aviano: secondo un rapporto del Dipartimento della Difesa Usa, nelle basi “italiane” ci sono «problemi di edifci di supporto, alle recinzioni dei depositi, all’illuminazione e ai sistemi di sicurezza», mentre «a guardia delle basi vi sono soldati di leva con pochi mesi di addestramento». Anche questo, di certo, sette italiani su dieci lo ignorano. In Italia due referendum hanno detto no all’atomo. Ma il nucleare è qui, sotto i nostri piedi. E nessuno vuole farcelo sapere.

イタリア家族 風林火山 (ぶんか社コミックス)
イタリア家族 風林火山 (ぶんか社コミックス) ReleaseDate:
Label:ぶんか社
Author:ヤマザキ マリ
Price:¥ 843    UsedPrice:¥ 121


20120520. Un anno dopo
20120520. Un anno dopo ReleaseDate:2013-10-17
Label:Youcanprint
Author:Emilio Carnevale
Price:    UsedPrice:
Ad un anno dal tragico terremoto del Maggio 2012 il cammino da percorrere è ancora lungo e pieno di difficoltà. Dopo il volume "20120520" questo libro propone una panoramica sui luoghi perduti, sui luoghi sospesi e sui luoghi ritrovati un anno dopo il sisma.

モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC Kiss)
モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC Kiss) ReleaseDate:
Label:講談社
Author:ヤマザキ マリ
Price:¥ 730    UsedPrice:¥ 98


基本のイタリアン (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
基本のイタリアン (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば) ReleaseDate:
Label:オレンジページ
Author:
Price:¥ 648    UsedPrice:¥ 1
イタリアンの美味しさはにんにくのローストで決まる・・・必見!!パスタ・アンティパスト・メインのおかずまでこの一冊でOKです。

ちゃんと作れるイタリアン
ちゃんと作れるイタリアン ReleaseDate:
Label:マガジンハウス
Author:落合 務
Price:¥ 1,728    UsedPrice:¥ 469


チャオ・イタリア~ライブ・フロム・イタリー~ [DVD]
チャオ・イタリア~ライブ・フロム・イタリー~ [DVD] ReleaseDate:1999-04-21
Label:ダブリューイーエー・ジャパン
Author:
Price:    UsedPrice:¥ 3,183


<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:イタリア 地震  
楽めっとコス@イタリア 地震
検索:最中もなか@イタリア 地震   検索:最中もなか@イタリア 地震   イタリア 地震好きだよね!!   
あまま@イタリア 地震