楽めっと検索The
検索語句:はじめてのおつかいをAmazonで検索

*年齢制限がある商品が表示される可能性があります。商品のご購入際にはお気を付け下さい。
今までで検索された。語句一覧
最近の検索語句:はじめてのおつかい  オーシャニック  プジョー  ウーハー  手品  




<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
はじめてのおつかい(こどものとも傑作集) ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:筒井 頼子
Price:¥ 972    UsedPrice:¥ 291
   1977年発行のロングセラー。5歳のみいちゃんが、はじめて、ひとりでおつかいに出かける様子が描かれる。

   赤ちゃんの牛乳を買ってきてほしい、とママに頼まれたみいちゃん。100円玉2つをにぎりしめ、坂の上にあるお店まで、さあ出発。でも転んでお金を落としたり、必死に呼んでもお店の人が出てきてくれなかったり、とまどうことがいっぱいで…。

   困難に直面する度に、みいちゃんの胸は不安と緊張でぱんぱんにふくらんでいく。でも、しっかりと芽生えた強い責任感が、前へ一歩、足を踏み出させる。お店のおばさんのやさしい対応でやっと牛乳を買うことができ、がまんしていた涙を「ぽろん」とひと粒落とした時、すっかり感情移入して張り詰めていた読み手の心も、一緒にはじけることだろう。

   細部まで作りこまれた街の様子や、見守るような目線で描かれるみいちゃんの後ろ姿、決して大げさではないが豊かな、人々の表情。丹念に描かれた絵のひとつひとつからも、たくさんのことが伝わってくる。(門倉紫麻)


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)
こんとあき (日本傑作絵本シリーズ) ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:林 明子
Price:¥ 1,404    UsedPrice:¥ 640
   「あき」のおもり役としておばあちゃんのところからやって来た、キツネのぬいぐるみの「こん」。あきが大きくなるにつれて、こんもだんだん古くなり、とうとう腕がほころびてしまった。「さきゅうまちに かえって おばあちゃんに なおしてもらってくる」というこんに、あきは「わたしもつれてって」。2人だけの、大冒険が始まった。

   しっぽを電車のドアにはさまれたり、犬に砂の中に埋められたり…。次々と大変な目にあっても「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言い続け、あきに心配をかけまいとする、こん。おばあちゃんの家を目指し、こんをおぶって広大な砂丘を必死に歩く、あき。互いを思いやるふたりの友情に、胸が熱くなる。

   なんといっても魅力的なのは、こんのキャラクター。すいすいと電車に乗ったり、おいしい駅弁に詳しかったりと妙にたくましく、世慣れしているのがおかしい。そして、必死であきを守ろうとするけなげなその姿が、読み手の心をぎゅっとつかむ。(門倉紫麻)


おでかけのまえに (幼児絵本シリーズ)
おでかけのまえに (幼児絵本シリーズ) ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:筒井 頼子
Price:¥ 972    UsedPrice:¥ 328
   日曜日、今日はピクニックに行く日。お父さんも、お母さんも、準備で忙しそう。お母さんのお手伝いに、おにぎりをお弁当箱につめてあげよう。お父さんのバッグのチャックを閉めてあげよう。でも、あんまりうまくはいかないみたい。「おてつだいは もう けっこうよ」と、お母さんがいちばんすてきな服を着せてくれたのだけれど、待ちきれないあやこは…。

   枕もとにリュックをおいて眠る様子、朝ごはんを食べながらも、目の前のおべんとうが気になって仕方がない様子など、おでかけ前のうきうきした気持ちが、丹念に描かれていく。

   そして、お手伝いがことごとく失敗しても、決して深刻にも悲惨にもならず、お父さんもお母さんも怒ったりしない。ぐちゃぐちゃのお弁当を前に得意そうなあやこの姿は、思わず吹き出してしまうようなかわいらしさだ。作者の、子どもへのやさしい目線が随所に感じられる。

   『はじめてのおつかい』の名コンビ―作、筒井頼子と絵、林明子による作品。2~4才向き。(門倉紫麻)


あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)
あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集) ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:筒井 頼子
Price:¥ 864    UsedPrice:¥ 73
   『はじめてのおつかい』、『おでかけのまえに』などで知られる筒井頼子、林明子のコンビによる1979年発表のロングセラー絵本。中央児童福祉審議会推薦、日本図書館協会選定と評価も高く、続編として『いもうとのにゅういん』がある。

   あさえにお留守番を頼んでお母さんが出かけてしまう。お昼寝をしていたはずの妹のあやちゃんが起きてきて、ふたりで道路に絵を書いて遊んでいたはずが…あさえがふと顔をあげると、そこにあやちゃんの姿はなかった。

   妹のあやちゃんを探して走り回るあさえの緊張が痛いほどに伝わる絵本である。あさえの視線の高さで描かれる大人や塀、大きな道路には圧迫感があり、あさえの緊張を見るものに伝える。「あやちゃんかも」と何度も思わせるスリリングな展開から目が離せず、一気に読み進めてしまうだろう。

   ようやく公園で妹を発見し、あやちゃんを抱きしめるあさえの表情は、安堵と妹への深い愛情に満ちている。幼い姉妹に読んであげたい1冊だ。(小山由絵)


くるりんはじめてのおつかい―ハリネズミのくるりん〈2〉 (ハリネズミのくるりん 2)
くるりんはじめてのおつかい―ハリネズミのくるりん〈2〉 (ハリネズミのくるりん 2) ReleaseDate:
Label:文溪堂
Author:とりごえ まり
Price:¥ 1,404    UsedPrice:¥ 512


大型絵本 はじめてのおつかい (こどものとも劇場)
大型絵本 はじめてのおつかい (こどものとも劇場) ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:筒井 頼子
Price:¥ 10,368    UsedPrice:¥ 6,514


ドレミファだいじょーぶ
ドレミファだいじょーぶ ReleaseDate:2007-03-14
Label:ビーグラム
Author:
Price:¥ 989    UsedPrice:


おおきなかぶ
おおきなかぶ ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:A.トルストイ
Price:¥ 864    UsedPrice:¥ 184
幼稚園や保育園で読み聞かせで頻繁に利用さfれる 素材です。

バスにのって はじめての おつかい (ともだちぶんこ)
バスにのって はじめての おつかい (ともだちぶんこ) ReleaseDate:
Label:金の星社
Author:としま かをり
Price:¥ 1,188    UsedPrice:¥ 1


ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえん ReleaseDate:
Label:福音館書店
Author:西内 ミナミ
Price:¥ 972    UsedPrice:¥ 300
   ひとりぼっちの大きなぞう、ぐるんぱ。汚いし、くさいにおいもする。見かねたジャングルのぞうたちが、体をきれいにして働きに出してくれた。でも、ビスケット屋さん、お皿つくり、靴屋さん、ピアノ工場、自動車工場、どこで働いても大き過ぎるものばかり作るので「もう けっこう」とすぐ追い出されてしまう。

   「さみしいな さみしいな」と耳を草にこすりつけたり、はりきりすぎて失敗し、しょんぼりしているぐるんぱを見ていると、たまらなく胸が痛む。だからこそ、最後に「幼稚園」を開いて、子どもたちに囲まれて生き生きと働くその姿には心から拍手を送りたくなるはず。

   色鮮やかでやさしい絵が、お話とぴたりと合っている。特に楽しいのが幼稚園の様子を描いたページ。ぐるんぱの体に登って遊ぶ子どもたち。靴でかくれんぼ、お皿はプールに。そして、大きな大きなビスケット。みんなで食べても「まだ たくさん のこっていますね」。1965年発売の名作絵本。(門倉紫麻)


<<Previous  1  2  3  4  5  Next>>  


リンク
デイリー楽天市場 ランキング
デイリーアマゾン ランキング   さーぶ
skyras(スカイラス)   barse(バース)   アルマ~ソン:はじめてのおつかい  
楽めっとコス@はじめてのおつかい
検索:最中もなか@はじめてのおつかい   検索:最中もなか@はじめてのおつかい   はじめてのおつかい好きだよね!!   
あまま@はじめてのおつかい